Pocket

もしも、子供の頃からの「夢」が現実になったら
ーーあなたの人生はどう変わりますか?

こんにちは。
ウィズコロナ/アフターコロナの、これからの時代の生き方を探求する
【生き方カウンセリング+コーチング】
そして【高齢者向け宅配弁当配達】のパラレルワークもしている、立野博一です。
無料メルマガ【新ライフ・チェンジ通信】最新号の記事から、ご紹介します。

子供の頃からナントナク持っていた夢が、もしも現実になったら、、、
本当に素晴らしいですよネ!!
とてもフシギなことですが現在、
私=立野の「林の中の小さな家で暮らしたい」という夢が、
実現しようとしております。
今日はこれについて、お伝えしたいです。

↓ ぜひ、文末までお読み下さいネ ↓

老母84歳の介護・サポートを考えると、、、

私の母84歳は、昨年9月に大腿骨頸部骨折したのですが、
リハビリを頑張って、
現在は杖なしでも100m位歩けるまでに、回復してきました。

とはいえ、今後のことを考えると、、、
長男の私は「もっと老母の近くに居てあげないとナ」と、
思案していたのです。

母は埼玉北部の実家で「ひとり暮らし」しているのですが、
息子と同居するより「ひとり暮らしの方が気楽でイイ」と、
言います。
(強気なお婆さんなんです。笑)

私の方も、年を重ねる毎に頑固に、ワガママになって行く老母を見ると、
一緒に暮らすのはきっとストレスになるーーと、
正直言えば感じます。
そこでこの頃の私は、
実家から近くなる埼玉県北部あるいは群馬県南部で、
中古住宅や空き家物件を探していたのです。

【お勧め】みんなの0円物件 https://zero.estate

【お勧め】田舎暮らしの本Web https://inaka.tkj.jp

【お勧め】空き家ゲートウェイ https://akiya-gateway.com

空き家は2021年の調査では、日本全国で876万戸もあり、
総住宅数のナント14%が、実は空き家となっています。
超高齢化社会の進行にともない、
「空き家問題」も全国で確実に深刻化しているのです。

例えば私は現在パラレルワークで、
「高齢者向け宅配弁当配達」の仕事も、しています。
毎日毎日、杉並区内の高齢者の皆さんのお宅にうかがって、
お弁当を配達しているのですが、、、

高円寺や阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪といったJR中央線の駅近くのエリアであっても、
おそらく第2次世界大戦や朝鮮戦争の後に建てられたような古いアパートや住宅に、
(こう言っては失礼ですが、本当にボロボロの建物なのです。)
1人暮らしの80代、90代、100歳前後のお年寄りが、
ひっそりと暮らしておられるのです。

手入れされなくなり、ほとんどジャングル状態となったお庭もあり、
「空き家問題」を肌身でリアルに感じています(汗)。

そんな今の時代は、
地方の中古住宅や中古別荘、中古リゾート・マンションが100万円以下で、
時には「0円」でもゲットできるようになって来ています!!
(もちろん実際には、固定資産税や不動産取得税等、
諸経費もかかりますので、完全に「0円」ではないです。)

とはいえ、埼玉県北部や群馬県南部ですと、
東京への通勤可能圏でもあるからでしょうか、
ナカナカ私の条件に合う物件がみつからなかったのでした(汗)。

「林の中の小さな家で暮らしたい」

もう1方で実は、、、
子供の頃からの夢として、
「林の中の小さな家で暮らしたい」という夢が、私にはありました。

私が中学生、弟が小学生高学年の頃、、、
「山の中に自分だけの小屋を作りたいものだネ」と、
兄弟で語り合った記憶もあります。

私が生まれたのは群馬県と新潟県の県境近く、
谷川岳の麓でした。
そこで私の母方の祖父母は、
裏山から清水を引き、
畑で野菜を自給し、
薪を焚いて五右衛門風呂を沸かす暮らしを、していました。

家のすぐ直下には、利根川の源流が流れていて、
夜になると「ゴオゴオ」と川音が響いて聞こえる、
小さいけれど子供の視点からは面白い家でした。

そんな幼少時の原体験もありまして、
「林の中の小さな家で暮らしたい」と、
私は子供の頃からずっと想っていたのです。

それが、、、

ナント、、、?!

ビックリする位リーズナブルな中古別荘と出会う

今年2022/4/17早朝、赤城山の麓の古い別荘地で、
中古別荘や別荘地をビックリする位リーズナブルに販売されているのを、
ネット検索していて発見したのです!
15、5帖のLDK+10帖の屋根裏部屋を持つ戸建ての中古別荘が土地付きで、
ナント110万円で。

早速私はHPから、
「現地見学」を申し込みました。

しかも同日夜、
もう1度、このHPを見てみたら、、、

ナント、、、

110万円から→→55万円に値下げされている!!!

もはやこの物件は、
「私のためにプレゼントされている」
としか思えません(笑)

(追記:さらにこの後、前オーナーさんのご好意で、
55万円→45万円に値下げしていただけました!!)

ここでしたら、
実家のある埼玉北部まで、車で1時間の距離。
現在の東京 吉祥寺での暮らしよりも、
母の介護サポートに行きやすくなります。

そして「林の中の小さな家で暮らしたい」という子供の頃からの夢も、
実現できるわけです。
母の介護サポートと、自分の子供の頃からの夢の実現が、
同時に実現するのです。

(これも、実際には諸経費がかかりますので、
55万円だけでなく、合計約200万円かかりますが、
これ位ならば私の資金でもナントカなるわけです。笑)

全てが、私の夢の実現に向かっているようです

そして、4/24(日)と5/10(日)、
念を入れて2回、現地見学に私は行って来ました!


まず、55万円で築48年の物件の割には、
土台も屋根もしっかりしているようです。
100万円以下や「0円物件」はしばしば、
雨漏りのために天井が落ちていたり、床が抜けていたり、
これらの大幅なリフォームが必要な物件が多いものです。

そして、「平家で、15、5帖のLDK+10帖の屋根裏部屋」というシンプルな間取りも、
1人暮らしの私には十分過ぎる広さです。
おそらく、子供や妻がいる世帯でしたら、
もっとスペースが必要でしょう。

それがシンプルな間取りであることで、
むしろ私にはちょうどよいサイズと、なっています。

そして、家の建坪は10坪なのですが、
敷地は230坪(758平米)もありまして、
(傾斜地ですが。汗)
私がこれからやりたい「薬草ハーブの研究」も、
自由自在に出来そうです。
私は2000年からこれまで「心理的アロマテラピー(芳香療法)」の研究と、対面セッションやワークショップ、講座をおこなってきましたが http://www.unfold.jp/
より本質的な探求として「薬草の研究」も、
私の人生のミッションとしてあるのです。

そして最寄駅から車で15分程度ですので、
東武鉄道特急を使えば北千住から計2時間程度で行けるーー
と、東京からのアクセスからも実は意外に悪くないのです。

インターネットも光回線がつながっているようですから、
こうしてブログやHP、SMSやYouTube動画で発信するのも、
東京にいるのと変わりなく出来るのです。
↓ 立野のYoutubeチャンネルです ↓

そして、経済アナリストで獨協大学経済学部教授の森永卓郎さんも、
「とかいなか(=都会と田舎の中間位のエリア)への移住」を提案しておられます。

「50歳以上の方は、人間関係を築くのに時間がかかる
というリスクがあります。

(略)
考えやスタイルができあがった人は、
なじむのが難しいものです。

(略)
そういった方にオススメしたいのが、
私のような『とかいなか』の生活です。

(略)
人間関係が煩わしければ、
定年後の人たちが多く暮らす別荘地などもオススメできます。」

(田舎暮らしの本2022年5月号 P67から)

そうなんです!
私も森永さんの意見にまったく同意します。
これからの時代の生き方として、
「都会と田舎の中間エリア」に可能性があるでしょうし、
60代に突入してしまった(笑)私のような世代には、
「とかいなかの別荘」はドンピシャの移住用ターゲットとなるわけです。

ナンダカ? すべてのことが私にとって素晴らしい方向に、
進んでいるようです(笑)
私は、本当にビックリしています。
ヤバイ位、ワクワクが止まりませ〜ん(笑)

「これからの時代の生き方」を研究するために

そしてこの中古別荘で、
「これからの時代の生き方研究ラボ(仮)」を、
私は第2起業して行きたいです。

これからの時代の生き方を深め・変容し・再生するーーというテーマで、
【生き方コーチング+カウンセリング】を私はこれまで探求してきたのですが、
さらに「これからの時代の生き方研究ラボ(仮)」として、
より実践的・具体的に私達の「これからの時代の生き方」を、
研究し・提案するベース基地として、
作って行けるでしょう!

もしもあなたが、「これからの時代、どうやって生きていこう?」と、
考えておられるなら、、、

「これからの時代、本当に自分らしい暮らしとは何だろう?」と、
考えておられるなら、、、

地方の「100万円以下物件」や「0円物件」を探して、
まずは「現地見学の旅」をしてみるのはいかがでしょう?
あなたも、
「子供の頃からの夢」を実現できる可能性がありますヨ!


↑ LDKから西方向を望む。ここでコーヒーを飲むだけで幸せになれそう ↑

 

そして私の【激安45万円、築48年の中古別荘】をリフォーム+セルフ・リノベーションするプロセスを、
YouTube動画で制作・ご紹介してますので、ぜひぜひご覧下さい

☆今こそ生き方や人生を変えるために、無料メルマガ【新ライフ・チェンジ通信】を読んでみませんか☆
〜もしもご不要になった時も、簡単に解除できます〜
↓    ↓    ↓
今すぐ無料で手に入れる

あるいはEメールまたは電話で気軽にご連絡下さい。
立野の連絡先の画像です

中古住宅をセルフ・リノベする☆これこそ、これからの時代の生き方

Pocket