Pocket

ウクライナへのロシア侵攻のニュースを毎日見ていて、
重たい気分になっていませんか?

こんにちは。
ウィズコロナ/アフターコロナの、これからの時代の生き方を探求する
【生き方カウンセリング+コーチング】
そして【高齢者向け宅配弁当配達】のパラレルワークもしている、立野博一です。
無料メルマガ【新ライフ・チェンジ通信】最新号から、ご紹介します。

↓ ぜひ、文末までお読み下さいネ ↓

戦争のニュースからメンタルを守るセルフ・コントロールも大切

毎日毎日、ロシアによる戦争のニュースをTVで見ていて、、、
重たい気分やストレスを今感じている方は、少なくないのではありませんか?

ブッチャケ私=立野自身も、
夜眠る直前までiPhoneでウクライナのニュースを延々と観てしまい、、、
「これはイカンなあ」と感じつつ、
入眠することもシバシバです(汗)。

いわば、「ロシア戦争ウツ」という状態も、
あるかもしれません。
おそらく、メンタルが比較的弱い方や、ウツ傾向のある方は、
今回のロシアによるウクライナ侵略のニュースで、
ストレスを感じ、心を痛めておられる方も少なくないのでは?
 
新型コロナのパンデミック(世界的流行)も未だ収束したわけではないですし、
地震も多いし、
タイヘンに混乱した時代となっていますネ(汗)。

もちろんウクライナでの戦争被害をウォッチすることは大切ですが、、、
私達のメンタルを守るセルフ・コントロールも、
今、とても大切となっているでしょう!
今日はこうした、戦争のニュースからメンタルを守るセルフ・コントロールについて、
ご提案します。

私=立野は現在、
これからの時代の生き方を深め・変容し・再生するーーというテーマで、
このメルマガやブログを作っているのですが、、、
「これからの時代の生き方」という視点からも、
現在のロシアによるウクライナ侵攻は、
たいへん大きな投げかけをされている、と感じています。

 戦争のニュースからメンタルを守る、3つの対策を提案します

・【対策1】ニュースや情報は、本当に信頼できるものを選択して、
各種SNSとインターネット、TVを見る時間を限定しよう。

・【対策2】「それでも、何か良いことがあるかもしれない?!」
という視点を持ってみたら?

・【対策3】ウクライナの人々から私達が「今、学べること」を、探索してみよう!

【対策1】まずニュースや情報は、信頼できるものを意識して・選択しましょう。
そしてインターネットやSNS、TVを観る時間を、自分で制限しよう。

毎日毎日沢山のニュースや情報が流されているわけですが、、、
あなたとして信頼できる情報源に限定して受け取ることが、
今は大切でしょう。

では、「信頼出来る情報源」とは何か?
コレもナカナカ分かりにくかったりしますネ。
日頃から「自分にとって、信頼できる情報源」を探していないと、
こうした非常時にあふれる情報に溺れてしまいます(汗)。

ちなみに私=立野がお勧めの情報源はーー

・ウクライナ情報局のYoutube


キエフ(キーウ)在住10年以上の高垣代表と、弁護士アンドレイさんが、
ウクライナ情勢、様子などの生の情報をキーウから発信されています。
Youtubeライブで、リアルタイムで、
爆撃されているのを発信されているのはスゴイです。

・テレ東BIZのYoutube、特に【豊島晋作のテレ東ワールドポリティクス】


テレ東は、他のTV局と違った、独自な深掘りした報道をしています。
特に、豊島晋作さんのYoutubeは、信頼できる内容でしょう。

また、インターネットやSNS、TVをダラダラ観続けないで、
意識して自分で制限することも、とても大切でしょう。

特に、夜眠る前にロシアによる悲惨な攻撃のニュースを大量に視ることは、
睡眠の質を悪化させるでしょうから、
私達のメンタルには良くないですネ。

意識して、朝起きた後に、
クリアーな意識状態で戦争の報道に触れることも、
大切でしょう!
(侵略を受けているウクライナの皆さんには、申し訳ないことですが。汗)

「それでも、何か良いことがあるかもしれない?!」という視点を持ってみたら?

私は「高齢者向け宅配弁当配達」の仕事も、パラレルワークで行なっているのですが、
3/20(日)も、3輪バイクで「高齢者向け宅配弁当」を配達していて、
こんなことがありましたーー

ある交差点の信号待ちしている時、
子供を3人位乗せた軽自動車が、私の3輪バイクの前方に停まっていたのです。

子供のような眼で
軽自動車の後部座席では、
ペコちゃんのようなまん丸い頬っぺたをした小さな女の子が、私の方を向いていて、
手を右と左に振って、
何か? ゼスチャーしたのです。

そこで私は、
「左に行きますよ」と、
左方向を指差してみました。
すると、
「ギャハハ〜〜」と後部座席で女の子は、
笑い転げていました。

そして私はもう1度、
「左へ行くよ」と、左手で大きく合図してみました。
すると、女の子は、
また「ギャハハ〜〜」と、笑い転げる様子でした。
軽自動車の車内で子供達が、
にぎやかに大騒ぎしているのが、見えました。

こうして、しばらくの間、
前方の軽自動車と、私の3輪バイクは、
同じ方向へ連なって走って行きました。
この短い出会いで、
私はまん丸い頬っぺたをした女の子から、
不思議な元気をもらったように感じました。

そして同時に、こうした偶然の出来事に、
自分を「開いている」ことも大切
ーーと実感しました。
交差点で前方に停車している、車の中の女の子に、
無言のジェスチャーでリアクションしなければ、
「元気」をもらえることも無かったのですから。

人生、次の瞬間に、何が生まれるか?ーーわからないものです。
「何か良いことがあるかもしれない?!」という視点を持つと、
チョット新しい展開があるかもしれない、ですヨ(笑)

未知の何かに、自分をオープンにしていると、
こんな「セレンディピティ」と出会いやすくなるようです。
(「セレンディピティ」とは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。)

ウクライナの人々から私達が「今、学べること」を、探索しよう!

ロシア側の情報も、ウクライナや米欧側の情報も、
それぞれのバイアスがかかっているようで、
基本的にそのまま鵜呑みにしてはいけないですネ。

とはいえ、
現在のウクライナの人々から「何を学べるか?」と考えてみることは、
「これからの時代の生き方」をかんがえる面でも、
ひじょうに有用でしょう。

現在300万人とも1000万人になるとも言われる、ウクライナから着のみ着のままで脱出する人々。
これを受け入れ・サポートしているポーランドや周辺国の人々。
そして、国境で家族を脱出させた後、
ウクライナに戻り、母国を守るためにロシアと戦闘する男達。

もしも日本で、同じことが起きたら、、、
私達日本人はこうした行動を取れるでしょうか?
ウクライナの人々の行動から、「私達が学べること」は、
とても大きく・深い意味があるでしょう。

そして最後に、
ロシアによるウクライナ侵攻が1日も早く終わることを、
私も心から願っています。

【お奨め】UNHCR日本 ウクライナ緊急支援のHP https://www.unhcr.org/jp/ukraine-emergency
 
 

☆今こそ生き方や人生を変えるために、無料メルマガ【新ライフ・チェンジ通信】を読んでみませんか☆
〜もしもご不要になった時も、簡単に解除できます〜
↓    ↓    ↓
今すぐ無料で手に入れる

あるいはEメールまたは電話で気軽にご連絡下さい。
立野の連絡先の画像です

Pocket