こんにちは。
【いのちの希望を開花する、生き方カウンセリング+コーチング】の 立野博一です。

私は2000年から「心理面・メンタル面に特化したアロマテラピー(芳香療法)」の、
研究やセッションを始めて、
2006年から「コーチング」の学びとセッション、ワークショップやセミナーを、
2017年から「ストレスクリア・メソッド」の学びとセッションを、
3つの仕事を個人ビジネスとして進めています。

同時に、ネット上でのHPやブログ、メルマガ他を制作する技術、
情報をお知らせして集客するマーケティング、
そしてリアルでの人脈作り等も、沢山学んできました。

そこで私としては、
「持続的」であることが重要ーーと、最近考えるようになりました。
一時的に盛り上がるのではなく、
3年先、5年先、10年先までかんがえた、
「持続的な個人ビジネス構築」が大切とおもいます。

それならば、「持続的な個人ビジネス構築」の基本中の基本とは何でしょうか?
今日はこれについて、ご紹介します。

第1に、「自分がしたいこと(夢、ビジョン)」と「自分が出来ること(スキル、能力)」、そして「社会が求めていること(社会的ニーズ)」のバランスをとること。

まずは、あなたとして、
「これをやりたい」「実現したい」という方向性、夢、ビジョンが、
何かあるでしょう。
これとお客様や社会が「求めていること」のバランス、
という課題があります。

自分の「これをやりたい」を優先すれば、
お客様や社会との接点は小さくなり、
ニッチなビジネスとならざるをえません。

(もちろん、ニッチになるのが、悪いわけではありません。
ただニッチになり過ぎるのは、視野狭窄にもなるでしょう。)

とはいえ逆に、
お客様や社会が「求めていること」を優先し過ぎると、
仕事は広がりやすくなりますが…、
時には、「自分は本当は何をしたかったのか?」と、
わからなくなったりもするでしょう。

何より、「自分がしたいこと」と「社会が求めていること」の
バランスをとることが個人ビジネス構築として最も重要でしょう。

そして、この2つの重なった所に、
さらにそれを「自分が提供出来ること(スキル、能力)」が、
当たり前ですが必須となります。

また、お客様や社会が「求めていること」とは、
現状のお客様自身も、社会もまだ気づいていない、
「潜在的なニーズ」もあるという面も、あります。

現時点では、ニーズとしては顕在化していないけれど、
1年後、2年後には顕在化するかもしれない。
そうした「潜在的な部分」も社会的ニーズの性格としてあるわけです。

すると、個人ビジネスを行う者としては、
お客様や社会が「求めていること(ニーズ)」に、常に耳を傾け続けること、
リサーチし続けることも、
大切となります。

まとめますと

「自分がしたいこと(夢、ビジョン)」と、
「潜在的も含む、社会的ニーズ」、
そして「自分が提供出来ること(スキル、能力)」、この3つのバランスをとることが、
「持続的個人ビジネス構築基本中の基本」ではないでしょうか?

「当たり前じゃないか!」とお叱りを受けるかもしれませんが、
やはり「基本中の基本」は、どんな分野でも、
原点として大切ですね。

さらに言えば、

「自分がしたいこと(夢、ビジョン)」とは「本質」「天命」でもあるわけだから、
自分個人の利害を超越して、
ひたすら「本質」「天命」の実現に賭けるべきではないか?
ーーという視点もあり得るでしょう。

すると、自分や家族の生活や「死」さえも小事となります。
そうした純粋な視点もあるかもしれないですね。

ナカナカ簡単ではありませんが…、
「広く・高いメタ視点」を持って、持続的な個人ビジネス構築を、
進めたいものです。

目の前のお客様と、まだ見ぬ潜在的なお客様に、
より良い貢献をできるように。

 

☆☆☆【個人ビジネス構築コーチング+コンサルティング】で、個人ビジネス立ち上げ、運営のサポートします☆☆☆

まずは、【お試し相談コーチング+カウンセリング】から、ご相談下さい。
【初めての方限定サービス2000円】
↓    ↓    ↓

☆☆☆ココをクリック☆☆☆

あるいはEメールまたは電話で、気軽にご連絡下さい
立野の連絡先の画像です