Pocket

たいへんな熱さの今年の夏となっていますが、、、
あなたは、いかがおすごしでしょうか?

こんにちは。
【生き方コーチング+カウンセリング】あらため、
【これからの時代の生き方研究ラボ】の 立野博一です。
無料メルマガ【新ライフ・チェンジ通信】から、ご紹介します。

↓ ぜひ、文末までお読み下さいネ ↓

築48年の中古1戸建は「断熱」が全くナイ(汗)

私が購入した「激安45万円、築48年の中古別荘」は群馬県南部の、みどり市にあるのですが、
このエリアも摂氏40度前後という、大変な酷暑となってます。
とはいえ「築48年」つまり1970年代前半に建築されたものですから、
「断熱」がまったく行われていない(汗)。

そこでまずは「断熱リフォーム」にとりかかる必要がありますが、
夏に家の中に外部から熱が流入する経路はーー
・窓等の開口部73%
・屋根11%
・外壁7%
・床3%
・換気扇6%
と、いわれています。
(「ホントは安いエコハウス」松尾和也著 p10から)

そうなんです!
断熱リフォームではまずは、窓の対策が最初に必要ですし、
それには「内窓」を設置することとなります。

そこで私の「林の中の小さな家」では、
断熱リフォームの第1歩として今週7/26(火)、
「内窓」設置と2重窓化工事しました。
今日は、この断熱リフォームとしての内窓工事をめぐって、ご紹介します!

☆☆☆YouTube動画も制作しました。ぜひ動画でもご覧下さい☆☆☆
↓ ↓ ↓

「セルフで出来る部分」と「プロにお願いする部分」を分けて考えたら?

こうした中古1戸建てと土地を今の日本では、100万円以下で、
もしかしたらゼロ円でも、
購入出来るように現実になっているのですが、、、
この場合、リフォームやリノベーションも必要となってきます。

こうしたリフォームやリノベーションをするのに、大きく分けて、
「セルフで出来る部分」と、
「プロにお願いするのが良い部分」と2つ、あるでしょう?

私の家の場合は断熱リフォームとしてーー
・内窓を設置して、2重窓にする工事と、
・床下に断熱材を入れる工事
この2つが、最低限「プロにお願いしたい工事」とかんがえます。

このウチは、1階が約15、5畳のLDKとバスルームとトイレ、
そして約12畳の屋根裏部屋(ロフト)もありまして、
全体で11の窓があります。

これら11の窓に、
Lixilさんの「インプラス」というLow-E複層ガラスの内窓を設置したのです。

設置した複層ガラスです
つまり複層ガラスですから、
元々あったアルミサッシに加えると3重のガラスになり、
その間に2つの空気層がサンドイッチされている構造ーーとなります。

こうした3重構造と樹脂製の窓枠で、
夏は外部からの熱を遮断し、
冬は内部からの熱を漏れにくくしたいわけです。

【参考】複層ガラスとは?(Wikipediaから)

プロのお仕事にも、感動!

そして11ケ所の内窓設置するのに、予定としては2日間、
さらに予備日も加えて3日間を見ていたのですが、、、

内窓設置工事が始まりました
実際には職人さん達がひじように頑張って下さって、
ナント7/26丸1日で、
11ケ所の内窓設置と調整の工事が完了したのです!
本当にありがたいことです。

なんたって築48年ですから、、、
床面がビミョーに盛り上がっていたり、
あるいは窓枠の上部がビミョーに下がっていたり、
家全体があちこちビミョーに歪んでおりまして(笑)、
職人さんもかな〜り苦労しながら、窓枠を調整しながら設置していました。

このビミョーな作業は、やはり私のようなシロウトには手に負えず、
プロにお願いして本当に良かったと、納得している次第です。

リフォームで想像力も活性化するカモ

そしてチョコレート色の樹脂枠が11の窓にトータルに設置されたのを眺めていると、、、
これから先、セルフでリノベして行くためのイメージがドンドン湧いてくるのも、
面白いことです!

内窓設置し始め
内窓設置作業始めた所→

想像力が刺激されて、
このチョコレート色の樹脂枠を活かして、
内装のコーディネートして行きたくなります。

また2重窓化するのは、
防音の面でも、
空き巣対策としても、有効でしょう!

私もこれからここに引越すれば、
最高に音の良いオーディオを持って来ますので、
2重窓化で心おきなく、音楽を楽しめるわけです(笑)
内窓と樹脂枠を設置後

内窓と樹脂枠を設置後→

 

 

まとめ

まとめますと、格安中古物件を購入すれば、
同時にリフォームやリノベーションがどうしても必須となるのですが、、、

・自分で、セルフでリフォームやリノベーションする部分と、
・プロにお願いしてリフォームする部分と、
ーーこの2つを分けて考えると、合理的でしょう!

そして「セルフでリフォーム+リノベする部分」については、
失敗することもあるかもしれないけれど、それも含めて、
「1つの大人の遊び」としてセルフ・リノベする、
自分の家を自分でデザインし・育てて行くーー
という視点が大切でしょう。

ある意味、中古1戸建を手に入れるということは、
これからずっと遊べる、とても大きなオモチャをゲットしたーー
とも言えるでしょう(笑)

こんな時代だからこそ、トカイナカ移住してみては?

新型コロナがあり、戦争があり、
経済的にもエネルギーや食糧供給でも、
大きな混乱に見舞われている今の時代ですが、、、

そんな時代だからこそデス!
トカイナカ(都会から1時間から1時間30分程度の田舎エリア)に移住して、
自分の手で自分の家をリノベし、育てて行くことには、
とても可能性があると私は思うのです。

そして、、、

おそらくは、、、

「100万円以下で、もしかしたらゼロ円で持ち家を持てるのは良いけど、
実際、リフォームやリノベにどれ位お金がかかるのだろう?」

ーーきっとあなたも、
この点も気にかかってますよね?

そこでこの無料メルマガ【新ライフ・チェンジ通信】次号では、
今回の「内窓リフォーム工事」でどれ位予算がかかったか?
ーーこれもブッチャケご紹介します。
どうぞ、お楽しみに!!

☆☆☆リフォーム+リノベーションの過程をYouTubeで制作・ご紹介して行きますので、ぜひぜひご覧下さい☆☆☆

↓ ↓ ↓

☆今こそ生き方や人生を変えるために、無料メルマガ【新ライフ・チェンジ通信】を読んでみませんか☆
〜もしもご不要になった時も、簡単に解除できます〜
↓    ↓    ↓
今すぐ無料で手に入れる

あるいはEメールまたは電話で気軽にご連絡下さい。
立野の連絡先の画像です

Pocket